エアロプレス

エアロプレスの入れ方

今、流行の兆しを見せているコーヒーメーカーのエアロプレスですが、この器具を使うだけで僅か1分ほどで、味わい深い芳醇なコーヒー豆の香りと香ばしさを楽しめる、美味しいコーヒーを淹れる事ができます。

エアロプレスの形状は、プラスチック製の縦長の筒状容器になります。この筒こそがチャンバーと言う名称で呼ばれ、コーヒーの粉を入れる部分になります。

まず、チャンバーにペーパーフィルターを入れたら、コーヒーカップにセットします。そこにお好みのコーヒー豆(挽いたもの)を入れてお湯を注ぎます、コーヒー豆とお湯をしっかりとかき混ぜたら、ブランジャーと呼ばれる、もう1つの筒をチャンバーに連結させます。そして、上からブランジャーをぎゅーっと押すと圧力がかかり、コーヒーが抽出されていきます。最後の方は押し心地がやや軽くなっていきます。

エアロプレスで入れたコーヒーは、短時間で抽出したと思えないほど、雑味の無いクリアな味を出す事ができます。しかも深いコクや風味など、コーヒー豆本来の良い部分だけを損なわないで丸ごと抽出できるので、その美味しさにハマる人が多いのでしょう。

エアロプレスは、その手軽さと、コストパフォーマンス、抽出の早さなど三拍子を叶えてくれる、正に本格派のコーヒーメーカーと言えるでしょう。