エアロプレス

コーヒーフィルター

インスタントコーヒーの場合は、カップに入れお湯を注ぐだけでコーヒーが出来るのですが、惹き終わったコーヒー粉を使う場合は、コーヒーフィルターが必要になります。コーヒーフィルターは紙製のものや布製のものがあり、使いやすさからいえば紙製フィルターの方が良いでしょう。

紙製フィルターには種類があり、ヨーロピアンタイプとレギュラータイプにわかれます。ヨーロピアンタイプは、お湯の流れが早く、レギュラータイプはお湯の流れが遅いのが特徴です。

お湯の流れの速度によって、コーヒーの味も変化するために、自分の好みの味に合うコーヒーフィルターを選ぶのが美味しいコーヒーをいれるコツになります。

例えば、浅炒りコーヒーの場合は、じっくりとお湯を通す方が味が出やすいために、お湯の流れが遅いレギュラータイプのコーヒーフィルターを選ぶと良いでしょう。

コーヒーの入れ方は、中心一点に、優しくゆっくりとお湯を入れるのがコツです。

そうすると泡が盛り上がってくるので、泡が消えるまで一旦待ちます。

そしてまた、中心一点に、お湯を注ぐ事を繰り返す事により、まんべんなく香りが行き渡った美味しいコーヒーを入れる事が出来ますので、試してみて下さい。