エアロプレス

ドリップコーヒー

私は毎朝、必ずコーヒーを飲んでから会社に出社します。コーヒーを飲むことで朝の目覚めが良く、午前中の仕事もはかどるからです。コーヒーを飲むようになったのは高校時代からなのですが、その時は手軽に飲めるインスタントコーヒーばかりでした。

私がインスタントコーヒーを作っているそばで、私の父親はドリップコーヒーを楽しんでいました。私の父親はコーヒー豆からこだわる人で豆も必ず決まったコーヒー豆専門店から購入していました。父親のどうしても譲れないドリップの仕方があるらしく、私はその時はまだよくわからないままでした。しかし、ある日に父親が入れてくれたコーヒーを飲んでビックリしました。奥深い味わい、コーヒーの香りが全く私のよく飲んでいたインスタントコーヒーと異なっていたからなのです。

それからは、私は父親からドリップの仕方を習い、また本やネットなどでドリップの仕方を独学で学びました。今ではそこらの喫茶店に負けないほどのコーヒーを入れられるくらいまで上達しました。だからたまに喫茶店に行くとどうしてもそのお店のコーヒーを自分で採点してしまうのです。

ドリップコーヒーなんか面倒臭い。なんて思っている人がいたらあなたは人生損をしていますよ!と言いたいですね。