エアロプレス

コーヒードリッパー

一口にコーヒードリッパーと言っても、様々な種類があります。まず紙製フィルターを使ったドリッパーの違いについてですが、大きな違いは抽出穴の数が違う点です。

まず、メリタ式は、抽出穴が一つのために、じっくりとコーヒーを抽出する事が出来ます。逆に、カリタ式は、抽出穴が3つもあるために、お湯の流れく、さらりと抽出する事が可能です。

コーヒーは、抽出時間によって味が変わります。また、コーヒー豆の煎る度合いによっては、じっくりお湯を通した方が美味しいもの、逆に素早くお湯を通した方がいいもの等違いがありますので、自分の好みのコーヒーに適したコーヒードリッパーを選択する事が、美味しいコーヒーを入れる上でも重要となってきます。

また、前述の紙製フィルター専用のドリッパー以外に、ネルドリップと言う、布のフィルターを使うドリッパーもあります。ネルドリップの場合は、紙製フィルターに比べて、細かくこす事が可能です。ですから、コーヒーの微粒子までこす事により、抽出されたコーヒーの口当たりがとても滑らかになります。

このように、一口にコーヒードリッパーと言っても、様々な種類や方式があり、それによりコーヒーの味が変わる所も奥が深いですよね。