エアロプレス

コーヒー豆

知っているとカッコいいものに、コーヒー豆の種類があります。コーヒー豆の種類は、店舗独自のブレンドしたものを含めると無限にあります。全てを知りつくすなんてできませんが、代表的なものだけでも知っていると通に見えます。

よく聞き慣れたものがブルーマウンテンです。ジャマイカにあるブルーマウンテンが産地です。コーヒー豆は麻の袋に積めて出荷するものが主流ですが、ブルーマウンテンは昔から樽に積めて出荷となります。その理由は明確には分かっていません。ブルーマウンテンの特徴は、酸味、コク、香りのバランスがいい事です。

次にタンザニアにあるキリマンジャロです。タンザニア産のコーヒー豆はキリマンジャロと呼び、強い酸味と甘い香りが特徴です。

そしてハワイのコナコーヒーは、産地が高地にはありません。しかしハワイは火山島で、火山灰がコーヒーの栽培に適しています。コナコーヒーは、世界のコーヒーの1パーセントしか作られておらず、希少なコーヒーです。このコーヒーの特徴は、柔らかな酸味でコクが豊かです。

コーヒー豆は産地によって特徴が異なり、それぞれの産地を飲み比べると楽しいです。そして自分が好きなようにブレンドすると、コーヒーの事をもっと好きになります。