エアロプレス

コーヒーについて

コーヒーは、アルコール、お茶に次ぐ、人類に最も深い関わりがある嗜好品と言えます。コーヒーを提供する喫茶店やカフェなどに、文化人や芸術家が集まったので、文化的発展の役割の一端を担ったと言っても良いでしょう。

またコーヒーは、石油に次いで貿易規模が大きい産業でもあり、経済的に重視されてもいます。

そんなコーヒーは、「コーヒーベルト」と呼ばれる、北回帰線と南回帰線の間にある約70ケ国で生産されています。コーヒーは、「アラビカコーヒーノキ」と、「ロブスターコーヒーノキ」の二種類が、主な栽培種です。

「コーヒー豆」とは、このコーヒーノキからなる実を、生のまま加熱加工された焙煎豆の事を言い、この焙煎豆をお湯や水で抽出した液体を「コーヒー」と呼びます。

コーヒーは、コーヒー豆が採れる産地によって、名前が付き、味わいが違ってきます。

「ティピカ」は、南米コロンビアで採れる品種で、香りが強く、上品な酸味と甘味があります。

一番一般的な「モカ」は、エチオピアなどで栽培されています。一種類の独立品種ではなく、複数の混合種の為、通称「モカ種」と呼ばれ甘味と酸味のバランスが良い品種です。

高級豆とされる「ブルーマウンテン」は、ジャマイカで栽培されています。香りが高くブレンドにも利用されています。

また、珍しい所では「コナ」があります。ハワイで生産されていますが、最近は生産量が減って来ているそうです。あっさりとした口当たりで、飲みやすいのが特徴です。

このように、コーヒー豆にも色々な種類があり、単独で飲んだり、何種類かをブレンドして楽しむ事もできます。

最近では、コーヒー豆を挽いてドリッパーで入れる「ドリップコーヒー」だけでなく、コーヒー豆から成分だけを抽出した物をお湯で溶かして飲む、「インスタントコーヒー」も、とても美味しくなっています。

インスタントコーヒーでも、カフェインやポリフェノールなどの成分は同じです。是非、インスタントコーヒーも取り入れて、コーヒーを気軽に楽しんで下さい。